ポケモンGOに飽きてしまった方へ INGRESS(イングレス)始めませんか?

2016年7月に世界的な話題になってスタートとしたポケモンGO。

pg01.jpg pg02.jpg pg03.jpg

公園などにはポケモンGOに興じる群衆(子供から年配者まで)が集まりメディアでも取り上げるほどの大騒ぎになりましたが、年明け頃からは殆どそのような群衆は見かけなくなりました。夏場にスタートして寒くなって外に出るのが億劫になったのとレベル30あたりから次のレベルに上がることが大変な事や、同じようなポケモンしか出なくてつまらないと言ってやめてしまったみたいですね。(私もレベル31で足踏み状態です)

ポケモンGOは外に出て歩く事で健康のためにもなるし、引きこもりが改善されたとか「うつ病など」の治療効果が認められるとか良い事があったみたいですが飽きてしまうとどうしようもないですね。

そこで、ポケモンGOの開発元のナイアンテック社(Niantic.Inc)で無償提供しているスマートフォン向けのオンライン位置情報ゲームのINGRESS(イングレス)の話になります。このゲーム自体はポケモンGOより3年前(2015-10-29)に世に出たゲームでポケモンGOはこのINGRESS(イングレス)のポータル(ポケモンGOでいうジムやポケストップも、INGRESSのポータルを抜粋して利用しています。だからポケモンGOよりもポータルの数はかなり多いと言えます。

 目 次

  1. どのようなゲームなのか?

    1-1 レベルアップに必要なポイント

    1-a アイテムの紹介(レゾネーター)

    1-b アイテムの紹介(XMPバースター)

    1-c アイテムの紹介(ウルトラストライク)

    1-d アイテムの紹介(MOD)

    1-e 特殊なアイテム

  2. 効率よくレベルを上げるにはどうすればいい?

    2-a レベル8になると

  3. リンク作成とコントロールフィールド作成の方法

  4. 地域のコミュニティには参加したほうがいい?

  5. このゲームをする上での注意点。

  6. passcodeとは

ingress-ws.jpg

INGRESS(イングレス)の公式ウエブサイトです。

INGRESSとはどのようなゲームなのか? という事ですが単純に言えば陣取りゲームです。但し、チーム(個人でのプレーも可能です)での陣取りゲームです。それに1箇所のポータル(ポケモンGOではポケストップやジムのこと)を奪って終わりではなく他のポータルとリンクしたり3箇所のポータルをリンクでつなぎコントロールフィールドを作ったりします。この辺は後の方で解説します。
ポケモンGOでは3種類(赤・青・黄)のチームが存在しますが、INGRESSは2種類(青と緑)だけです。

青(レジスタンス)
緑(エンライテンド)

名前はともかく、ゲームをダウンロードしてスタートすると、この2チームのどちらに所属するかを選択しないと先に進めません。
しかし、このチーム選択がその先の運命を決めてしまいます。但し、このゲームはユーザー登録が完了するまでは貴方の所在地のチーム状況が全く掌握できません。

その先の運命とは何か?
地域によって勢力が大きく違うところがあり、敵が100人に味方は数人とか、又はほぼ互角の勢力とか、逆に味方が山ほどいる地域だったりします。どのパターンが良いとは言い切れませんが私の経験では味方が強すぎる地域は自分のレベルが上げ難いようです。

レベルというのは 1〜16(現在は16が最高みたいです)まであってレベルごとに使える武器(武器の破壊力)が違うという事です。レベル8以上の武器は無いので実際はレベル〜レベルの違いです。レベル〜レベル16の人もレベル8の武器しか使えません。

ingress01.jpg ingress02.jpg ingress03.jpg

  ↑ INGRESSの起動画面です。 ↑

私自身、このゲームがどんなもので何をすればいいのか?最初はチンプンカンプンでした。

何が楽しいんだろう? と不思議で仕方がなかったんです。

ところが何気無く続けていてレベル4あたりになった頃から何となくですが面白味が感じられるようになってきたのです。このレベル4になるまでにかかった期間は約半年でした。当初は全くゲームの内容を理解していなかったのでポータルの近くに行ったら「ハックする」事だけをやっていたのです。味方のポータルをハックしてもポイントは貰えません。敵のポータルをハックした場合には100ポイントが貰えます。

ちなみに各レベル毎に必要な AP(アクセスポイント)は下記の通りです。

レベルアップに必要なポイント
レベル 必要なAP
 レベル1 → レベル2 2,500 
 レベル2 → レベル3 17,500 
 レベル3 → レベル4 50,000 
 レベル4 → レベル5 80,000 
 レベル5 → レベル6 150,000 
 レベル6 → レベル7 300,000 
 レベル7 → レベル8 600,000 
 レベル8 → レベル9 1,200,000 
 レベル9 → レベル10 1,600,000 

レベル10以降は省略します。(レベル9からは APの他にメダルも必要になるのです)

レベル4になるまでに、 70,000ポイントが必要だったんです。
(単純に敵のポータルハックを700回分でした)
だから半年もかかったんですよね。知らないということは恐ろしいことです。

1. どのようなゲームなのか?

先にも紹介したように一言で言えば「陣取りゲーム」です。

特徴的なのが、目的のポータルまで行かないと何も出来ないと言う事です。ポケモンGOではポケストップ以外でもポケモンが出たりしますがINGRESSにはそれがありません。(ポータルに行かないと何も無いのです。)
ポータルが多ければ多い(密集している)ほどレベルアップが楽になる可能性が高まります。(もしも味方の陣営が異常に強すぎる場合には出来る事が無いのでレベルアップは難しいとも言えます。)
敵陣のポータルをハックすれば100ポイント貰えますが味方のポータルをハックしても貰えるポイントはゼロですから。

自分のレベルが低いうちは敵のポータルを攻撃しても殆どダメージを与える事は出来ませんし、武器を無駄に使うだけになります。
(もっともレベルが低い時の武器は将来的にも持ってる価値は無いと言ってもいいくらいです。これはレベル4くらいまでの武器です。)

 1-a アイテムの紹介(レゾネーター)

ingress-rzn1.jpg ingress-rzn2.jpg ingress-rzn3.jpg ingress-rzn4.jpg
L1 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L2 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L3 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L4 レゾネーター
1ポータルに最大一人
ingress-rzn5.jpg ingress-rzn6.jpg ingress-rzn7.jpg ingress-rzn8.jpg
L5 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L6 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L7 レゾネーター
1ポータルに最大一人
L8 レゾネーター
1ポータルに最大一人

レゾネーターとは、上記の画像のように8種類あり自分のレベルまでのレゾネーターを使用することが出来る。(例えばレベル4の人はL4以下のレゾネーターしか使えないわけです。)
中立のポータル(白色)に使用した場合には自分が所属するチームのものになる。
味方のポータルの場合には8本全部が刺さっていない場合には残りを刺すことが出来る。
8本全部刺さっていても自分が持っているレゾネーターよりレベルの低いものはアップグレードする事が出来る。
敵陣のポータルの場合にはそれが例え1本でも破壊して一旦中立のポータルにしてから自分のレゾネーターをデブロイ(刺す)必要がある。

 1-b アイテムの紹介(XMPバースター)

ingress-xmp1.jpg ingress-xmp2.jpg ingress-xmp3.jpg ingress-xmp4.jpg
L1 XMPバースター L2 XMPバースター L3 XMPバースター L4 XMPバースター
ingress-xmp5.jpg ingress-xmp6.jpg ingress-xmp7.jpg ingress-xmp8.jpg
L5 XMPバースター L6 XMPバースター L7 XMPバースター L8 XMPバースター

XMPバースターという武器になります。見た目は全てのレベル共通で同じ外観。色が違うだけですが実際に使用すると破壊力がレベル毎に相当な差があります。さすがにレベル8になると凄い破壊力です。(近隣の敵陣ポータルまで破壊してしまいますからね。

 1-c アイテム紹介(ウルトラストライク)

ingress-us1.jpg ingress-us2.jpg ingress-us3.jpg ingress-us4.jpg
L1 ウルトラストライク L2 ウルトラストライク L3 ウルトラストライク L4 ウルトラストライク
ingress-us5.jpg ingress-us6.jpg ingress-us7.jpg ingress-us8.jpg
L5 ウルトラストライク L6 ウルトラストライク L7 ウルトラストライク L8 ウルトラストライク

ウルトラストライクという武器になります。XMPバースターと違って攻撃の際の影響範囲が狭いため主にシールド類(守備系のMOD)の破壊に用いられます。これはハックの際にたまに出現します。(出現率は3%という噂もあるくらいに稀なものです。)

1-d アイテムの紹介(MOD)

ingress-ps.jpg ingress-psR.jpg ingress-psVR.jpg ingress-psAXA.jpg
PS-C PS-R PS-VR AXA-S
ingress-hs.jpg ingress-hsR.jpg ingress-hsVR.jpg ingress-mh-c.jpg
HS-C HS-R HS-VR MH-C
ingress-mh-r.png ingress-mh-vr.png ingress-fa.png ingress-tr.png
MH-R MH-VR FA TR

1-e 特殊なアイテム

ingress-ada.jpg ingress-jw.jpg ingress-mufg.jpg ingress-lpc.jpg
ADA リファクター ジャービスウィルス MUFGカプセル ローソンパワーキューブ
ingress-itoenTM.jpg ingress-itoenTM-.jpg ingress-sbul.jpg ingress-psAXA.jpg
ITO EN Transmuter+ ITO EN Transmuter- SoftBank ウルトラリンク AXA シールド

ADA リファクター 青のレジスタンスチームが使えば最強のアイテムで緑のエンライテンドチームの強固なガードをされたポータルも自分のポータルに変えることが出来るアイテム。(トランプで言えばジョーカー的な役割)

ジャービスウィルス ADA リファクターの逆で緑チームが使えば青の強固なポータルも緑に反転することが出来る。

ただ、この二つはポイントがもらえないという欠点がある。楽できる分だけ仕方ないのだが。
それに、利用する際には反転しようとするポータルのレベル×1,000XM + 1,000XMが必要となるので注意が必要です。
例えばレベル8のポータルを反転させようとした場合には下記のXMが必要です。
レベル8 × 1,000XM = 8,000XM + 1,000XM = 9,000XM となります。

2017/07/11 より新アイテムとして伊藤園とコラボした下記の2アイテムが登場!
ITO EN Transmuter(+)
プラス(+)は守備系統のアイテム出現率がアップするもの。(MODやレゾネーター等)

ITO EN Transmuter(-)
マイナス(-)は攻撃系統のアイテム出現率がアップするもの。(XMPやウルトラストライク等)

2. 効率よくレベルを上げるにはどうすればいい?

一番簡単なのが、近所の同じ陣営の仲間に協力してもらう事なんですがなかなか都合良くは見つからないでしょう。相手の時間的な都合等もあるので難しいところです。

自力でレベルアップをするのが他人に気兼ねしないで済む分、精神的にも楽だと言えるでしょう。自分の好きな時間と場所で行えますから。

その方法としては下記の通りです。

① 敵陣営のポータルをハックする。(100ポイント獲得)

② 中立ポータル(敵にも味方にも占拠されていないポータル)を見つけたら迷わずレゾネーターを8本全部刺す。(1,750ポイント獲得)
因みに2箇所の中立ポータルにそれぞれ8本づつレゾネーターをデプロィ(刺す)事で3,500ポイントを獲得できるのでレベル1からレベル2にレベルアップできます。レベル2からレベル3になるには中立のポータルを10箇所をフルデプロイ(8本全部)すればいいだけです。

 

③ 仲間の陣営のポータルでレゾネーターが8本刺されていないポータルには空いてる分の数だけレゾネーターを刺す。(1本あたり125ポイント獲得。8本目のレゾネーターのデプロィは+250ポイント)

ingress-intel.jpg

上の画像をご覧ください。( INGRESS INTEL MAPのPC画面です。見るにはログインが必要です。)
URL =  https://www.ingress.com/intel
INGRESSのゲーム画面上では自分がいる場所の周辺しか見ることが出来ませんがINGRESS INTEL MAPは広範囲で状況を把握することが出来ます。

 

Aのポータルは「白色」で中立であることを表しています。
Bのポータルは青(レジスタンス)の占拠したポータルであると共にレゾネーターが8本のうち6本しか刺さっていないので2本分空いていることを示しています。

Cのポータルは青の占拠したポータルで8本全部のレゾネーターが刺さっていることを表しています。
 

 2-a レベル8になると!

ingress-l8.jpg ingress-l8-2.jpg
レベルアップ表示 ボーナス表示

レベル2以降各レベルアップ時点でボーナスとしてレゾネーターやXMPバースター等がもらえます。

 3. リンク作成とコントロールフィールド作成の方法

ingress-pk.jpg

ポータルキー

ポータルと他のポータルをリンクするにはそれぞれのポータルキーが必要になります。このポータルキーは通常のハックの場合75%の確立で出現することになっていますが、ハックしようとしているポータルのポータルキーを既に持っている時は出現しません。
どうしても欲しい時は、手持ちのポータルキーを一旦カプセルに収納するかドロップしてからハックすれば75%の確立で出現するわけです。
この他に、グリフハックというハックの方法で「ポータルキー要求」というオプションを付けてハックするとポータルキーが出やすくなるようです。

ポータルキー

4. 地域のコミュニティには参加したほうがいい?

このゲームは「敵陣営」と「味方陣営」の陣取りゲームですから味方陣営の人たちとは連携するのがベストだと言えます。勿論、単独行動でも問題はありませんが味方陣営と協力して作戦をたてたり、仲間同士のアイテムの融通を行ったり出来るので便利です。レベル8以上の人が8人以上集まると「FF」と言うイベントを行うことが出来ます。これは通常のアイテム出現率を2倍にしてくれるというものであっという間に高レベルのアイテムが沢山手に入るようになります。
地域のコミュに参加してみて自分には合わないと思えば以降参加しなければいいのではないかと思います。参加していれば高レベルアイテムの大量入手とかありますからどうするかは自己判断でしょうね。

 

5. このゲームをする上での注意点。

基本的に、このゲームをやっているのは大人(社会人)が殆どのようです。ゲームをやっていての実感です。

だからポケモンGOの様に小さなお子様がこのゲームをやっていると言う事は少ないようです。

結構はまり易いゲームかもしれません。取ったり取られたりを繰り返すゲームなのですが、負けず嫌いの人達がぶつかると少し危険な行動も稀にあるのかも知れません。
中には敵味方関係なく和気藹々とやってる方もいるようですが、この点は注意が必要なようです。

中には、一日中活動しているような方も見受けられます。それもほぼ毎日のように・・
仕事はしているんだろうか? 家族はいないんだろうか? などと余計なお世話も考えてしまいます。そのような方達が活動していると言うことを認識してゲームに参加されるべきだと思った次第です。

yukohani.jpg

レゾネーターをデプロイ(刺す)する時は黄色い円の有効範囲ギリギリまで離れてデプロイしましょう!

近くでデプロイしてしまうと敵の攻撃で破壊されやすくなってしまいます。

 

6.passcodeとは

passcode.jpg

上の画像はINGRESSの中でpasscodeを入力した直後の状態です。Aの箇所にpasscodeを入力すると画面中央のBの場所にボーナスアイテムが貰えた事を表示しています。このpasscodeは時間や正解者数のカウント等がされており時間外や正解者数がオーバーしたりすると利用できないことがあります。

android端末の場合にはゲームのOPSからメニューに表示されますがiphoneの場合には端末のOPSにはこのメニューがなくPC等でINTELMAPから入力することになります。

ingress-hk.jpg

グリフハック

左の画像はレベル7のポータルをグリフハックした際の画像です。

グリフハックは敵味方の陣営に関係なく行えます。

ポータルのレベル毎に1問~5問の一筆書きの問題が表示され正解した割合でボーナスアイテムがもらえます。
左の画像では4問全問正解でした。

ingress-iv.jpg

インベントリ

ポケモンGO同様に手持ちのアイテムは基本的に2,000までしか所持できません。基本的にとは有料で最大500個までポータルキーを収納できるロッカーと言うものがあります。それを購入すれば最大2,495個のアイテムが所持できるわけです。ロッカー自体もアイテム数が1とカウントされますから。左の画像では「すべて」の項目が2,002と赤色で表示されています。

2,000未満でアイテムを取得して2,000を超えてもそのまま保存されますが次にアイテムを拾おうとしても2,000を超えていると実行できません。何か捨てるか、アイテムを使って消費するしか方法はありません。