電子タバコを利用して禁煙にチャレンジ! 時代の流れで年貢の納め時の様です。

街頭に設置してある喫煙コーナー

街中を歩いてみても喫煙コーナーが激減し、つい先日まで在ったはずの喫煙コーナーも撤去されていたり、レストラン等も終日禁煙の店舗が増え愛煙家にとっては過ごし難い時代に成ってきました。愛煙家本人はタバコ税という税金まで負担している割には随分と世間から冷遇されている様にも感じます。(これが時代の流れなんでしょうけれど)
そこで、私もそろそろ脱タバコ(今は禁煙とは言いません。理由は後で説明します。)に挑戦してみる事にします。
そこで、今までたばこに掛けていた金額をあらためて計算してみると結構な額に成り驚きます。仮に、1日に たばこを20本吸うとしての計算です。(実際にはもっと多いのですが・・・)

たばこ1箱を460円として試算しますと1ヶ月当たり 13、800円となります。
( @460円 × 30日 = 13,800円 )
1年に換算すれば165,600円となり、この金額分を煙と吸殻にしてきた訳です。
これだけの金額を煙にするのは勿体無いものです。(もっと早く決断すれば良かったんですけれど・・・)
そこで、精神力の弱い人間にとっていきなり禁煙と言うのは荷が重いので電子タバコの力を借りる事にしました。私の中にある電子タバコのイメージは初期の頃の商品で、吸い込むとタバコの先が赤く光るようなものでしたが、現在は全く違う商品になっていました。今回購入したのは株式会社VP JAPAN社VP Magic Complete set という商品です。

VP-Magic.jpg

※ 何故、この商品にしたのか?
出来れば国産のもので(企業は日本でしたが製造は中国でした)消耗品等が簡単に手に入るものがいいかな?という程度の安易な発想で決めました。
特別な専門店等に行かないと手に入らない様なものでは困るし、この商品なら大手の家電量販店なら大抵扱っていましたから。
金額的には同じメーカーでも更に安価な3,000円程度の商品もありましたがランニングコストを考慮して今回は本体小売価格1万円程度のこの商品にしました。


VP-Magic-slv.jpg

 ※ 本体構成画像(バッテリーが大きめなので少しズッシリと最初は感じます。)

この電子タバコを使用してのランニングコストは充電に要する電気代を除いての消耗品代として下記の様なものが必要になります。

リキッド代(香料を含んだもので電子タバコの熱によって蒸気を発生させる元になるもの)

  1本 (10ml) 1,000円程度(使い方にもよりますが約10日ほど利用可能)

専用コイル(熱を発生させる消耗品部分)

  1本あたり400円程度(メーカーでは2週間程度で交換と記載)

※ この VP Magic Complete set は、煙(メーカー側では蒸気と表現しています。)の量を手元のスイッチで4段階に変えられること。確かに最大の 4.8vにすると盛大な煙(蒸気)が出ます。最小の3.3vでも通常のタバコの煙より多い様に感じます。
なので、「禁煙」とは言わずに「脱タバコ」と表現しました。

次に、疑問を持つのは「路上喫煙禁止地区」等の場所で使用する事が可能なのかどうか?
この点に関しては、見た目が煙を出すものなのでNGの様です。煙の出ないものも発売されていますが、それでも自治体によって取り扱いは違うようです。(可否が別れているようです)

更に、不思議なことに「喫煙所」でこの電子タバコを使用すると本物のタバコを吸っている人達から妙な視線を注がれます。喫煙コーナーに入って来て、ポケットから電子タバコを取り出しライターで火をつける訳でもないのに、いきなり煙を吹き出し始めるのですから。(何だ?という顔で見られます。)
「これは、電子タバコと言うものでニコチンやタールも含まれていなくてタバコに比べて経済的で健康にも害は少ないみたいですよ!」と教えると感心しながら見ていました。

唯一の欠点は、充電中は使えない事です。
 ↓ 加えてウエブサイトの中にある気になる文章がありました。 ↓ 皆さんはこれをどう読み解きますか?

※セットで含まれるリキッドは、VPフレーバーリキッドです。こちらは日本メーカーが中国で製造した中国製リキッドとなります。
日本製のリキッド/J-Liquidはこちらからお求めいただけます。(別売)

もう一つ疑問に思うところがバッテリーの持続時間に関してです。下に電源ボタンを押した時にバッテリーの残容量を表す色表現をイメージ化します。

VP-Magic電源ボタンイメージ
左から白色=100%~80% 、 青色=80%~30% 、 赤色=30%未満 という意味に成るようですが青色の範囲が広すぎる様に思われます。仮に自宅を出る時に青色の場合に80%なのか40%なのかを判断できないので途中で電池切れになる不安もあります。(改善してほしい部分です)

出来れば、この電子タバコも卒業して完全禁煙を達成したいと考えています。

電子タバコを使用しての感想は
市販のメンソールたばこを吸っているのと変わりません。(もともとこの電子タバコに付属で付いてくるのがメンソールなのでその様に感じるのだとは思いますが、他にもコーヒーとかあるようなので試してみたいと思っています。)

電子タバコを使用して10日経過時点での喫煙量の推移
私は、実際のところ1日に2箱は吸っていました。(ヘビースモーカーの部類です)
電子タバコを使い始めて10日が経過した時点での喫煙本数はと言えば、1箱を吸いきるか? 少し残るか? と言う現状です。電子タバコに代える前よりは減っていることは確かですが、まだまだ禁煙には程遠いようにも思えます。
原因は、充電をしているときに吸いたいと思う衝動に負けている性のようです。

※使用後の結論

使ってみて感じた不満としては、吸引の際にリキッド(中の液体)が口に入って来る事が多くて その度に分解してティッシュで掃除してやらないといけない事やフル充電の割には利用できる時間が短い事。加えて充電にかかる時間が長い事などで逆にストレスが増えたような気がします。禁煙には程遠いという実感。
(メーカーの方ではこの点に関して対応策が講じられた様で、今はリキッドが流入し難いタイプに変更されたものを発売しているようです。充電に関しても本体とバッテリーを切り離さなくても簡単に充電できるタイプになったようですが私には遅すぎたようです。