江東区の「亀戸天神」まで下町散歩。(亀があちこちに・・・)

kameido_tenmangu00.jpg

亀戸天神(亀戸天満宮) 江東区亀戸3丁目6番1号 までの散歩です。

最寄駅はJR総武線の錦糸町駅と、隣の亀戸駅の中間位の場所になります。

どちらからでも、徒歩で15分程度ですが錦糸町駅前にある都内でも最大級規模の売り場面積を

持つ100円ショップダイソーも眺めてみたいという事で、錦糸町駅で下車。

駅の北口にある「アルカキット錦糸町」の7Fフロアまで向かいました。

ここは、売り場面積1000坪と、かなりの規模の店舗です。

そこで買い物をしてしまったので、荷物を持っての亀戸天神行きと成ってしまいました。

kameido_tenmangu01.jpg

ここは境内一面に藤が植えられており、4月の中旬~5月の上旬には「藤まつり」が行われ

「亀戸の五尺藤」と呼ばれ有名なのだそうです。

因みに、2月~3月には梅まつりも行われるそうです。

kameido_tenmangu03.jpg

鳥居をくぐり、最初の太鼓橋が「男橋」。本殿の手前にもう一つの太鼓橋がありそれは女橋。

上に上がると正面奥に本殿が見えます。

途中は藤棚ですね。普通の神社とかなら玉砂利が敷き詰められて居る所なのでしょうが・・・。

kameido_tenmangu02.jpg

この太鼓橋(男橋)に上がった所からは「東京スカイツリー」も見えました。

ちょっとだけズームして撮影しています。

kameido_tenmangu04.jpg

境内の中の池には魚より多いのでは思うほど亀がたくさんおりました。(さすがに亀戸)

kameido_tenmangu06.jpg

手水場にも亀戸らしく亀が口から水を出していました。(徹底してます)

kameido_tenmangu05.jpg

本殿です。本殿に向かって左手に

kameido_tenmangu07.jpg

御神牛

この牛の像は、菅原道真公の遺体をのせた車を曳いていた黒牛が突然動かなくなり、それは菅原道真公の御心だとしてその場所を墓所とし、その後そこに社殿を建て御霊をお祀りしたのが太宰府天満宮の起源で菅原道真公と牛の縁が深いため昭和36年の御鎮座三百年祭の際に奉納されたものだそうです。

kameido_tenmangu09.jpg

紅梅殿

番外編ですが、亀戸駅前の広場には羽のついた亀が三段重ねで親・子・孫らしい。

kameido_tenmangu10.jpg

HANEKAMEと言うものだそうです。(ガメラではなかった)