EC-CUBE 2.12.0を四苦八苦しながらインストール完了までの覚え書き。その3

EC-CUBE 2.12.2 のインストール解説は コチラ です。 2013/01/12 UPDATE

前回までの流れを実行しても問題点が改善されない時の対処法。

(但し、インストール直後という前提ですからデータを入力してしまった後の場合はデータは消去されます。)

まず、MySQLのデータを一旦削します。

その後、前回作成したものと全く同じ内容でMySQLにデータベースを作成します。

このとき「照合順序」の種類を utf8_general_ci に設定してみてください。

データベースの作成が済んだら、最初のインストール作業と同じURLにアクセスします。

http://www.あなたのドメイン(htmlフォルダをアップした場所)/install/ にアクセスします。

すると、インストール作業が始まりますがパーミッションの設定は済んでいるのでデータベースとユーザー登録の項目程度で

作業は済みます。(以外に簡単です)

インストール作業終了後に管理画面にアクセスして確認してみると正常になっていると思います。

もし、それでも文字化けしていたら前回にも説明した通り、data/cache/フォルダ内のphpファイル以外を削除してみてください。

( dataフォルダ/cache/内の mtb_constants.php 以外の全ファイルを削除。 )

※インストールが正常に終了したにもかかわらず管理画面に入れない時は!

以下の内容を確認してみて下さい。

サーバー上のデータフォルダ/config/config.php があるかどうか?

無ければ config フォルダのパーミッションが 777 または 707 になっているかどうか?

もし違っていたら修正してみて下さい。

下の画面が管理画面のログイン画面です。先にデータベースの設定画面で入力したユーザー情報でログインしましょう。

管理画面へのログイン画面

ログインすると下記のような管理画面が現れます。

EC-CUBE 2.12.0 管理画面

ここまで来れば基本的なインストール作業は完了だと思われます。

次は、オリジナルのデザインを作りましょう。

≪ 関連記事 ≫

 EC-CUBE 2.12.0を四苦八苦しながらインストール完了までの覚え書き。

 EC-CUBE 2.12.0を四苦八苦しながらインストール完了までの覚え書き。その2

 EC-CUBE 2.12.0 郵便番号辞書DB更新時のシステムエラー回復の覚え書き